読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日はNew Year's Eve

30代OLが「書き手」になる夢を叶えるドキュメンタリー

「願いを叶える」には、税抜3,000円以上のお買い物をして、LINEでお友達登録するといいらしい。

あ、これ。

もしかして。

引き寄せの法則って、やつじゃん。

 

願って忘れると、手に入る。

 

マジだ。

 

 

 

引き寄せの法則が話題になって、もう何年が経つだろう。

「願うだけで叶うんだって!」

「宝くじ当てたい!」

「結婚したい!」

「世界一周したい!」

 

……

 

 

「え〜、無理じゃ〜ん!

全然叶わないよ〜」

 

 

こんな会話も、そんな思考も、

もう何度と繰り返したかわからない。

 

引き寄せの法則は、決して杖を振って出てくる魔法ではない。

 

「叶え!」と言っただけで、叶うわけじゃない。

嫌いな奴の目の前で「バルス!」と叫んだって、実際には何も変わらないのと一緒だ。

 

引き寄せの法則」は、

今ではアレンジが加えられたり、

強調されたり否定されたり、

色々な形が広まっている。

 

その中から、あくまでもわたしが見聞きして覚えている情報を簡単に言うと、

 

1 叶った状態を強くイメージし、

2 忘れる

 

と、その叶った状態を引き寄せ、現実になるらしい。

 

うそーん。

そんな簡単に? 

 

実際、大きい願いが叶うには時間がかかるから、

例えば食べ物とか、小さなもので練習していくといいらしい。

 

そして今日。

まさにそんなことを体験した。

「引き寄せ」が、目の前で起こったのだ。

 

 

上司から電話が入り、忘れた書類を誰かが届かなければならないことになった。

だけど、上司と落ち合うには退社時刻から数時間後。

 

誰もが目を伏せた。

 

「次の行先に預けて来てもいいなら、私行きますけど」

「おー、それはいいね。そうしよう」

 

定期券内の私がその資料を持って行き、預けてくることになった。

 

定期券内とは言え、少し回り道だ。

ただ書類を届けるだけなら、

「寒いなー、めんどくさいなー」と思ってしまう。

 

「来てよかった」に塗り替えるために、美味しいものを食べるか、買い物をするか、何か楽しいことをしようと思った。

 

目の前にはコスメショップ。

 

「あ、いいね! あれ買おうと思ってたんだ」

 

店内に入ると今話題のコスメがずらりと並んでいる。

近所ではドラッグストアを数軒回らなければ見れないメーカーが、一堂に会している。

 

ーーそうそう、チークももうちょっと発色いいやつ欲しかったんだよね

 

ーーあ、これ毛穴が消えるって話題のやつだ。

ほんと一般人にまで毛穴の無い肌を求めないでよね。どんだけお金かかるんだ

 

ーーえ、塗るだけで強くなるネイル? わぁ、いいな。爪弱いからマニキュアできないけど、これならちょっときれいになりそう! 

 

 

……

 

あれ?

 

 

……

 

なんだっけ?

 

わたし、何欲しかったんだっけ? 

 

 

えっとー、乾燥するからしっとりするやつだよね?

見た目もよくなるんだよね?

あると気持ちよくて、無いと気持ち悪い。

ドラッグストアにもあるけど、ここならいいやつがありそうって思って……

 

だめだ! 全然思い出せない! 

なんだっけなぁ……

 

ん?

あ、まつげ美容液こんなに種類あるんだ! 

眉カラーの色のバリエーションもすごいな。

 

あれ? なんだっけ? 

 

まぁ、いいか。

 

他にも欲しいものありすぎるし。

コスメショップって楽しいなぁ。

こんなのもあるし、こんなのもある!

 

んー、でも全部は買えないから、

これとこれとこれにしよう!

 

 

レジ待ちの列に並んでいると、

「先頭でお待ちのお客様〜」と、

ポッとオレンジ色のチークが可愛い店員さんが一番奥のレジで手を振っている。

 

歩きながらもチラチラ目移りしてしまうほど、欲しい商品がずらりと並んでいる。

 

ピッピッピッ

 

「お客様」

「はい」

「本日税抜3,000円以上お買い物をされたお客様の中で、さらにLINEでお友達登録された方限定で、オーガニック……バーン! をプレゼントしております。

登録されますか?」

 

バーン? 

 

なんだ?

 

まぁオーガニックなら良さそうだし、もらってみようか。

 

「あ、じゃあお願いします」

「ではこちらからご登録ください」

 

QRコードを読み取り、お店とお友達になる。

 

「できました」

「では、こちらを押していただいて。

はい、次はそれです。えぇ。あ、はい。

ありがとうございます。

少々お待ちくださいませ」

 

お姉さんが後ろのカゴをゴソゴソし、戻って来た。

 

「お待たせ致しました。

こちらお買い上げの商品と、

プレゼントのオーガニックリップバームです」

 

 

あ。

 

リップバーム! 

リップクリームか!

 

聞きなれないから、脳内で「バーン!」に変換されちゃったけど、リップバームね!

 

てか、これ。

 

これ! 

 

わたし欲しかったのリップクリームだ!

思い出せなかったのに、もらえちゃったよ!

 

すごい。

奇跡?

ただの偶然か。

 

あ、これ。


もしかして。


引き寄せの法則って、やつじゃん。

 

願って忘れると、手に入る。

 

マジだ。

 

リップクリーム自体は思い出せなかったけど、

それを使ったらどうなるかはハッキリイメージできた。

使えばしっとりして気持ちいいって状態をハッキリと。

でも、それが何かを思い出せないから諦めた。

 

すると。

 

手に入った。

しかも自分じゃ選ばないオーガニックの高そうなやつ! 

 

わお。

 

 

そうか。

わたしは

「書いて食べて行きたい!」

「面白いことしたい!」

「結婚したい!」

「痩せたい!」

「旅行行きたい!」

 「ライブ行きたい!」

……それから、それから

 

と、強く思いすぎていた。

しかも漠然と。

 

叶って嬉しい状態よりも、

叶っていない今の気持ちをただ強調していた。

 

そして、それを考え続けることを止めることもできていない。

 

これじゃあ、願っているのではなく、

ただ不満を言ってるだけのようなものだ。

 

それなのに

「願っても叶わないよー」と、

また叶っていない状況をクリアーに意識する。

 

これじゃあ、だめだったんだ。

 

もっと肩の力を抜いてみよう。

「願う」ことよりも、「近づく」ことにエネルギーを注ごう。

 

「ほしいほしいほしい」と思い続けるより

「税抜3,000円以上のお買い物をしてLINEでお友達登録」をすればいいんだ。

 

投資したり、何か行動をする。

 願いに近づく為に、叶えたい! と騒がず、

淡々とやるべきことをやっていく。

 

そっちにエネルギーを使えばいいんだ。

 

あぁ、なんだかスッキリして力が抜けた。

 

ただの偶然と流すこともできる。

でも、「引き寄せの法則」がある! と思っていれば、長い道も楽しんで続けていけそうだ。

 

「面倒くさいが願いを遠ざける」

これもほんとだ。

面倒くさがらずに書類を届けてよかった。

 

こんなちっちゃなことでも、気付いたりエネルギーに変えたりできるんだ。

 

よし、今日はくちびるも潤っているし、

なんだかぐっすり眠っていい夢が見られそうだぞー!