読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日はNew Year's Eve

30代OLが「書き手」になる夢を叶えるドキュメンタリー

年が明ける前に、忘れる前に、ブログのタイトルのことを。

映画

「クリスマスになるとさ、

毎年必ずラブアクチュアリーを見るんだよね」

 

きっかけはそんな友人の一言だった。

その時期には毎年◯◯を見る。

わたしもそんな映画がほしいなーと思っていた。

 

ただ、そう簡単には見つからない。

そもそも、わたしはなんでもすぐに忘れてしまう。

「好きな本は?」「好きな映画は?」「好きな芸能人は?」

咄嗟に聞かれると、答えることができない。

 

あれ? なんだったかな。

なんかすごい好きなやつあったんだよな。

えとー、あー、思い出せない!

 

好きだ! と自覚してる時はいいのだけど、

時間が経つと、すぐに忘れてしまう。

 

「ほんとは好きじゃないんじゃない?」

そう言われると、

そうじゃない、そうじゃないんだよなー、と思いながらも反論できない。

だって、思い出せないんだから、仕方がない。

 

そんなわたしにも、

数年前から年末が近付くと必ず見る映画ができた。

その名も、映画『ニューイヤーズ・イブ』

大晦日のニューヨークを舞台に8組がそれぞれのドラマを描く。

 

老若男女、

立場の違うそれぞれの

大晦日だからこそ生まれてくる心の揺れを

繊細に大胆に描いている。

 

だからこそ、見ていると、

その時の自分の立場によって、

共感するキャラクターが変わり、

何度見ても飽きず、また見たくなってしまう。

 

家族のことを思い出し、胸をギュッと掴まれることもある。

好きだった人を思い出し、切なくなることもある。

諦めたはずのやりたかったことを思い出し、また新たに始める勇気をもらう。

 

明日から、いや、今日、今できることをやってみよう。

そんな気持ちになる。

 

何度見ても心を動かされるのは、

ミシェルファイファー演じる長年会社に身を捧げてきた地味な女性が、

ひとつずつ願いを叶えていくシーン。

 

Use your imagination……

想像力を使いなさい。

 

願いを叶えるために足りないのは、

時間でもお金でもなく、想像力。

自分には無理だなんて思わず、

どうしたらできるのかを考える。

 

そうすれば、見える世界が変わっていく。

 

締切があることも重要だ。

新年が来る前の大晦日。

今夜中に願いを叶える。

 

そう決めるからこそ、秘めたエネルギーが湧いて来る。

 

もしそんな思いを毎日持つことが出来たら、少しずつ人生は変わっていくんじゃないだろうか。

そう思うようになった。

 

命は有限だとわかってはいても、

意思の弱い健康なわたしには、

「いつ何が起こるかわからないから、今を大切にしよう」は、

3日くらいしか効かない。

 

わかってはいるはずなのに、忘れてしまう。

 

だけど、

「今日は大晦日。明日から新年が始まる」

そう思うようにしてみたら、少しずつ挑戦する癖がついてきた。

 

終わりよければすべてよし。

そう思えるような1日を過ごしたい。

例え失敗したり間違えたとしても、夜にはは納得して気持ちよく眠り、明日を迎えたい。

そう思えるようになったら、「今日中にやろう。今すぐやろう」が増えてきた。

 

『本日はNew Year's Eve』

そう思って毎日を過ごそうと決心し、ブログのタイトルを決めた。

 

まぁいいや、明日にしよう。

そう思って、今日しか掴めないチャンスを逃さないために。

 

最近「好きな映画は?」と聞かれると

『ニューイヤーズ・イブ』と答えている。

「今日は大晦日だ」と毎日言い聞かせているから、この映画のことを忘れてしまうことはない。

 

今までは、どんなに感動して好きだと思っても、時間が経てば忘れてしまっていた。

それはきっと、その感動が身に染みる前に蒸発してしまい、行動を起こすまでには至ってなかったからだ。

 

感動し、気付き、その思いで何か行動を起こす。

そうすることで記憶に残り、愛着を持ち、時間が経っても好きだと思えるようになる。

 

せっかく生まれた感動をただ消費して終わらせてしまわないように、

本や映画やドラマから得た感動や気づきを、

これからはもっとじっくり深めてみようと思う。

そうして好きなものが増えていけば、毎日がきっともっと、楽しくなるはずだ。

 

映画『ニューイヤーズ・イブ』

この時期に見ると、あと数日の今年が愛おしくなり、すぐに訪れる新年が楽しみになる。

映画『プリティーウーマン』でも有名なゲイリーマーシャル監督の愛のこもった作品。

 

日本人が見ると、なおさら心が温まる作品。

「ありがとう」

そんな気持ちでいっぱいになる。

 

あぁ、映画のことを思い出してたらまた見たくなった。

今年は11月に見たんだけど、せっかくだからもっかい見ようかな。

 

今年中に起こしたい奇跡が、まだまだいっぱいあるもんなぁ。